バス紹介

1

事故の発生や被害を抑えるための安全機能搭載

走行中にレーダーで前車との車間距離を監視。衝突の恐れがある場合に警告やブレーキ制御を行い、衝突被害を軽減するAMB(衝突被害軽減ブレーキ)を長尺カーゴ及びFP-Rに標準装備。車間距離が近づき過ぎた場合など、警報音で注意を促すとともに、万が一衝突の可能性が高いと判断した場合に、ブレーキ制御で速度を低減し、ドライバーの危険回避操作と合わせて被害を極力軽減します。またAMBには、ディスタンスウォーニング(車両距離警報装置)やASRの機能も標準装着となるため、安全運転にも貢献します。

 

バスの種類

大型5台 DSC00486 DSC00485 DSC00484 DSC00483
中型3台
小型3台