運輸安全マネジメントに基づく情報公開について

平成29年3月31日
霞ヶ浦交通株式会社

当社では、バスの運輸安全マネジメントに関する取り組みについて、道路運送法・旅客自動車運送事業運輸規則・安全管理規定に基づき、情報公開を行っております。

1.安全マネジメントに関する基本方針

輸送の安全確保に全所員が一丸となり、取り組んでおります。

2.輸送の安全に関する目標及び達成状況

(1)人身事故(車内人身事故を含む)の絶滅 平成28年度 0件発生
(2)追突(逆突を含む)事故防止 平成28年度 0件発生
(3)回送時の油断による事故防止 平成28年度 3件発生
(4)健康並びに飲酒に起因する事故防止 平成28年度 0件発生

以上4項目を年間事故防止目標として、全所員が安全輸送に取り組みましたが、その他事故を含め3件のうち、有責事故が3件発生いたしました。尚、平成29年度は事故防止目標を次のとおり設定し、安全輸送・事故防止を取り組んでまいります。

乎成29年度年間事故防止目標
昨年同様、人身事故の絶滅、追突事故・回送時の油断による事故・健康並びに飲酒に起因する事故の防止を目標に掲げ、取り組んでまいります。

3.自動車事故報告第2条に規定する事故に関する統計

(1)業態別有責事故発生件数

  貸切 合計
平成28年度 3 3
平成27年度 2 2
増減 1 1

(2)(1)の のうち、 明第2条3号に該当する事故は発生しておりません。

4.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

別紙のとおり

5.輸送の安全に関する重点施策

(1)輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定める事項を遵守する。
(2)輸送の安全に関する費用支出及び投資を、積極的かつ効率的に行うよう努める。
(3)輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正処置又は予防処置を講じる。
(4)輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を共有し伝達する。
(5)輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施する。

6.平成29年度、輸送の安全に関する計画

(1)ヒヤリ・ハット情報の収集及び、情報の共有と事故防止への活用
(2)初任運転士教育(採用時実施)
(3)乗務員のエコドライブ研修
(4)雪道走行訓練(外部委託)
(5)デジタコ分析による教育の実施
(6)乗務員の健康状態の把握と健康に起因する事故の防止

7.貸切バス事業者安全性評価認定制度による認定

平成28年度におきまして安全確保への取り組みが評価され、一つ星認定を獲得いたしました。
平成30年度には二つ星認定を目指して更なる努力を致してまいります。

以上